省エネ住宅は断熱と気密に注目!

省エネをすすめる住宅は断熱と機密

冷たいものが美味しい季節です。こういう時には家の中ではもちろん、外出先でも冷たい飲み物を飲みたいです。外出先という場合、お店や自動販売機があるというのであれば良いですが、何もないところに行く場合は困るということになります。水筒などを持っていったとしても、ぬるくなってしまうからです。そこでもっていったのが魔法瓶になります。こちらはすいというのかべの部分が真空になっていて、外部の温度の影響をあたにくいようになっています。ですから冷たいまま、暖か今まで維持することができるのです。一日置いておいてもそれほど変わらないこともあります。
真空というのは温度の影響を与えないために素晴らしい環境です。ただし簡単に作ることができるものではありません。水筒のような小さいものであればできますが、もっと大きなものになると、非常にコストがかかってしまうことになります。同じ仕組みを作るというのは難しいと考えられます。それでもこのような仕組みを利用すれば温度などの管理において役に立つということが言われています。技術が進歩してくることによって、もっと広い範囲で、温度を維持することができるようになるかもしれません。お風呂の浴槽などにおいては利用しているものもあります。
省エネということは、エネルギーを使うとしても、できるだけ少なくするというものです。冷房を使って住宅を冷やしたというとき、そのままの状態を維持するということになります。暖房にしても同様です。維持するということは、最初に冷やしたり温めたりすれば、しばらく電気を使わずに済みます。エネルギーの仕様が少なくなるということです。このために必要なものとして、断熱材と、窓の気密性があります。壁から外の熱を入れないようにし、窓の隙間からもそれを入れないようにすれば、維持できるということです。素材についてはどんどん進歩しています。全てにおいて利用できない場合、リビングのみ対応するようすると容易に行えます。

Copyright (C)2016省エネ住宅は断熱と気密に注目!.All rights reserved.